ferinの競プロ帳

競プロについてのメモ

TopCoderの設定


TopCoderについての設定や問題の解き方についてのメモです。OSはWindows10です。

登録方法

 TopCoderにアクセスし右上の「LOG IN」をクリック、「COMMUNITY LOG IN」をクリックし画面下中央の「join now」から登録します。
f:id:ferin_tech:20170222230210p:plain
名前、国、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。入力したメールアドレスにメールが送られてくるため、メールの認証を行います。

applet

ダウンロード

 TopCoderではWeb ArenaかJavaAppletのどちらかを用いて問題の閲覧や提出を行います。ここではapplet版について書きます。TopCoderにログインし、上部中央の「learn」から「Competive programing」をクリックします。「launch appret arena」をクリックするとappletのダウンロードが始まります。
f:id:ferin_tech:20170222230242p:plain
f:id:ferin_tech:20170222230310p:plain

Javaの更新

 ダウンロードしたAppletを実行した際、Javaのバージョンが最新でない場合はJavaのインストールが必要だと言われます。画面の手順通りにJavaの更新をしましょう。

セキュリティ例外

 セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーションというエラーが表示された場合、TopCoderのAppletを例外に設定する必要があります。スタートメニューから「Java」→「Javaの構成」としてJavaコントロールパネルを表示します。セキュリティタブの例外サイト・リストに「http://www.topcoder.com」を追加することでセキュリティ例外に追加できます。

設定

 ここまでくればappletを実行できるはずです。appletを起動しIDとパスワードを入力してログインしてください。まずはフォントサイズの設定をします。画面上部のタブの左から3つめの「Option」から一番下の「Setup User Preferences」をクリックします。
f:id:ferin_tech:20170222230406p:plain
「Editors」、「Problems/Messages」、「Challenge」、「Additional Fonts」タブにsizeの設定があるので適当な大きさに設定しましょう。(自分は18です。)次にデフォルトの言語を指定しましょう。「Editors」タブの「Default Language」で使う言語を指定します。

プラグインの導入

以下のページから「CodeProcessor」「TZTester」「FileEdit」をダウンロードします。
About TopCoder - Overview
「Option」タブから「Editor」を選択します。Common ClassPathに「TZTester.jar」「FileEdit.jar」のパスを追加します。
Addボタンを押してダイアログに以下のように入力します。
 Name - CodeProcessor
 EntryPoint - codeprocessor.EntryPoint
 ClassPath - CodeProcessor.jarのパス(Browseから選択)
CodeProcessorをクリックし、Configureを押して設定を開きます。
画面上部の「Editor EntryPoint」にfileedit.EntryPointと入力して「Configure」をクリックします。
画面上部の「Enter directory to read/write problems to」にソースを置きたいファイルパスを書きます。
問題を開くとこの問題にあったソースファイルがこのパスに生成されます。
「Code Template」タブに切り替え、Languageを使用する言語に変更しテンプレートを編集し、「Save」ボタンをクリックしてください。include文やREPマクロなどを使いたい場合はこのテンプレートを編集します。
「CodeProcessor Script」に tangentz.TZTester と書き「Verify」をクリックします。

practice(過去問)

画面上部の「Practice Room」タブからSRMを選択し、解きたい問題セットを選択してください。選択すると問題のページに移動します。「Select one」から解く問題を選択すると問題が開かれます。問題を開くとプラグインで指定したパスにテンプレートとなるファイルが生成されます。エディターでこのファイルを開き、コーディングし、ローカルで実行することでサンプルが実行され、正解か不正解かが表示されます。提出する際は画面下部の「Compile」をクリックし「Submit」をクリックすることで提出できます。

TopCoder Arenaで「セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション」の解決方法 - tshitaの備忘録Ⅱ
TopCoderでCodeProcessor+TZTester+FileEdit - Gulfweed